会社案内

社長挨拶

代表写真

飯島電器工事株式会社は、1949年(昭和24年)1月1日に飯島電器商会として、ラジオ及びモーター販売修理、電気工事の請負業として創業致しました。

1963年に電気設備工事の設計・施工を主として【飯島電器工事株式会社】を設立し、「変電所から家庭まで」を掲げ、迅速な対応、確実な仕事をモットーにお客様と地域社会発展の為に丁寧なサービスをご提供して参りました。

飯島電器工事の≪器≫という字は創業当時の電気機器販売・修理を営んできた名残でもあります。

弊社は本年(平成29年)で68年を迎えることができました。 世の中目まぐるしく変化している中で、電気は更に必要不可欠なものとなっております。

今後も社員一同、常に勉強し、電気のエキスパートとして精進していく所存です。

最後になりますが、温かく見守って下さるお得意様、その時々に出会った皆様、 社員の皆様、そして今弊社のホームページをご覧の皆様すべての方々に心より感謝申し上げます。

飯島電器工事株式会社
代表取締役 飯島 敦子

ページの先頭に戻る

会社概要

社名 飯島電器工事株式会社
所在地 工事部 埼玉県川越市大仙波431-1 【交通アクセス
創業 1949年(昭和24年)1月
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役 飯島 敦子
取引銀行 埼玉りそな銀行 本川越支店
武蔵野銀行 川越支店

ページの先頭に戻る

営業品目

  • 屋内電気設備
  • 自家発電設備
  • 高圧受変電設備
  • 屋外夜間照明設備
  • 道路照明設備
  • 構内送配電線設備
  • 放送設備
  • インターホン通信設備
  • テレビ共同聴視設備
  • プラント計装設備
  • 電気通信機械設備
  • 空調設備
  • 消防・防災設備

ページの先頭に戻る

沿革

埼玉県比企郡川島町に飯島電器商会を設立。
ラジオ及びモーターの販売修理、電気工事の請負を開業。
創立者 飯島張治

川越市新富町1-16-1に進出。

飯島電器工事株式会社に社名変更

建設業者登録 埼玉県知事(り)第3327号

資本金を300万円に増資。

電気工事業届出 埼玉県知事届出 第46056号

資本金を500万円に増資。

川越市大仙波431-1(敷地面積600坪)に工事部門の新社屋設立。

資本金を1,000万円に増資。

資本金を1,500万円に増資。

建設業許可 埼玉県知事(特-6)7545号電気工事業
      埼玉県知事(般-6)7545号消防施設工事業

資本金を2,000万円に増資。

ISO9001:2000認証を取得。

飯島敦子社長就任。

ISO9001:2008認証に移行。

ISO9001:2015認証に移行中。

埼玉県電気工事工業組合、埼玉県電業協会、川越電気設備協同組合、建設業災害防止協会、労働基準協会、建設産業団体連合会などに加入。

ページの先頭に戻る

取り組み

 弊社では電気工事を通じての社会への貢献は最低限の責務とし、地域の皆様へ向けたAEDの設置をはじめ、社員全員が人命救助の手助けが出来る様、普通救命練習の実施(年3回以上)またロードサポート活動参加による環境美化など全社員が社会の一員として役立てる準備・活動を行っております。  社内としては各資格取得に向けた積極的な勉強会の実施・講習への参加、品質ISO継続による確立された社内統制。 親睦を深める宴席や社員旅行などもあります。

  • 画像
  • 画像

ページの先頭に戻る